アンティーク ドール

ブランド・ジュエリーは 1

骨董 品 買取 京都, 鑑定 骨董 品, ブランド 腕時計 買取, 骨董 出張買取, 掛け軸 売りたい, 骨董品買取店, ジュエリー 買取 高額, ヴィンテージ 家具 東京, 買取 ショップ おすすめ,

説明

1.ブランド・ジュエリーは、特に箱・保証書等はじめについていた付属品はなるべくそろえた方が査定は高くなります。ブランド・ジュエリーでは、商品本体にそのブランドの刻印があることが何より大事。刻印がないと、そのブランドの商品としてお取り扱いできない場合もあります。
2,ダイヤ、エメラルド、ルビー、サファイヤ、パールその他の色石の場合も鑑定書、鑑別書があればお持ちいただくと取引が早くなる場合が多いです。ただ無くても当社で鑑定鑑別しますので、安心してお持ちください。
3.ブランドジュエリーの限定品について・・限定商品の特別な人気は短期で、かなり相場が下がるのが早く、より高くお売りになるなら、あまり時期が経過していない(半年以内)頃に、お売りになるのをオススメします。人気の最中は通常商品と違いかなり高値での買取になります。
4.地金製品については、当社はその日の地金相場に連動していますので、査定が分かりやすく正確です。金・プラチナなどが使ってあれば、製品として壊れていても、十分に地金価格でお買取りします。パールは時間と共に消耗劣化しますので、普段のお手入れが大事。消耗劣化した古いパールは査定が出ない場合があります。

買取可能ブランドについて、

ジュエリーの買取でまず気になるのは、「自分の持っているジュエリーは、果たして売れるのだろうか?」ということではないでしょうか?
ブランド品のジュエリーは、売れる可能性が高い
ブランド品のジュエリーの場合は、売れる可能性が高い傾向にあります。なぜかといえば、中古市場での需要が期待できるからです。
ただし、だからこそ、中古市場での人気動向によって買取価格が変わってきます。購入時の保証書や箱などがあれば、さらにベター。ブランド品ジュエリーの場合は、キズや汚れがあると、大きく買取価格が下がることもあります。

ノンブランドジュエリーの場合は、使われている素材が査定対象になる
ノンブランドジュエリーの場合は、ジュエリーとしてではなく、使われている素材そのものが査定対象になります。たとえば、金が使われている場合はその価値が、宝石が使われている場合はその種類や品質が、買取査定額を左右するポイントとなるのです。

カラー宝石は、値段が付きにくい
一概にはいえませんが、カラー宝石は値段が付きにくい傾向にあります。カラー宝石とは、ルビーやエメラルド、パール(真珠)などのこと。カラー宝石の鑑定は非常に難しいため、きちんと見られる買取業者であればかなりの高値が付くケースもある一方、詳しくない買取業者が見た場合には、低い価値で査定されてしまうこともあるのです。

貴金属が使われている場合、一定の品位に達していない場合は買取ができない場合も!
金やシルバー、プラチナ(貴金属)などが使われているジュエリーの場合、その貴金属が一定の品位に達していない場合は買取を断るという買取業者もあるようです。

古いジュエリーや壊れたジュエリーでも、買取対象になることがある!
購入からかなり年月が経っている古いジュエリーや、壊れてしまったジュエリーでも、買取対象になることがあります。素材に宝石が使われているジュエリーの場合、経年劣化しにくいことから、買い取ってもらえる可能性が特に高いといえるでしょう。

高く売れやすいジュエリーアイテムとは

次にご紹介するのは、どんなジュエリーアイテムに人気があるのか、ということについてです。では早速、高く売れやすいのは、どんなジュエリーアイテムなのか見ていきましょう!

リング
ブランド品のリングであれば、中古品であっても高く売れる可能性があります。特に、ティファニーや4℃など、女性に人気の高いブランドリングの場合は買取価格にも期待大!ネームや刻印が入っているものでも、買取可能なことが多いようです。立爪部分が大きいダイヤモンドのエンゲージリングなども、高額買取となる可能性がありますよ。

ピアス、イヤリング
ノーメイクでも、ピアスやイヤリングを付けるだけで華やかな雰囲気にしてくれるのが、ピアスやイヤリングなどのジュエリー。ブランド品の場合は、ブルガリやグッチなどの人気が高いようです。耳に直接つけるジュエリーであることから、素材にはアレルギー反応を起こしにくい金やプラチナが使われていることも多いため、買取価格も期待できます。

ついつい片方を失くしてしまいがちなピアス・イヤリングですが、素材やブランドによっては、残った片方だけでも買い取ってもらえる場合もあるようです!

ブレスレット
ブレスレットは、女性にも男性にも人気があるジュエリーアイテムのひとつ。有名なカルティエの『ラブブレス』やエルメス、ブルガリなどのブレスレットは、中古市場でも需要が期待できることから高価買取の可能性大。

ノーブランドのブレスレットであっても、金やプラチナが使われている場合は、素材の重さで買取価格を計算してもらえるため高価買取となるケースも少なくありません!

ネックレス
ジュエリーの中でも身近な存在といえるネックレス。ティファニー、カルティエ、ブルガリなどのブランド品の場合、高額での買取が期待できるケースも!ノンブランドのネックレスであっても、使われている素材や状態によっては、高く売れる可能性もありますよ。

その他ジュエリー
ネックレスやペンダントトップ、ブローチ、タイピンなどのジュエリーも、使われている素材やデザイン、ブランドによっては高値が付くケースも見られます。

高く売れやすいのは、どんな素材が使われているジュエリー?
高く売れやすいジュエリーアイテムがわかったところで、今度は、どんな素材が使われていると高く売れやすいのか、という点についてご説明しましょう。

ダイヤモンド
高く売れやすい素材として、まず挙げられるのがダイヤモンド。といっても、ダイヤモンドの品質やグレードによって、買取価格は大きく変わります。ダイヤモンドの品質を表す言葉に4Cがありますが、これはグレードを表しているものです。

4Cとは、輝きを表す『Cut』、カラット『Carat』、カラー『Color』、透明度を表す『Clarity』の4つの頭文字からできた言葉。それぞれのグレードによって、ダイヤモンドの価値が決まるのです。ダイヤモンドの場合、買取に関しても、この4Cが買取価格を大きく左右する傾向にあります。

K24とは、純度100%の金=純金のことで、高く査定されるケースが多くあります。一般的には、K18のほうが知られていますが、K18はK24に比べて純度が下がるため、買取価格は低くなります。

 

QRコードからLINE登録も可能です。 これまで培ってきた私たちの経験や実績をもとに、数々の素晴らしいお客様にご愛顧いただいております。.

LINE QR コード

追加情報

color

Blue, Gray, Green, Red

brands

Brand 1, Brand 2, Brand 3

日本でNO. 1 美術品と骨董品をスピーディーで一番高く買取する専門店